スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財務省のオークション結果から思うこと

先日のログで軽くコメントしましたが、財務省の公開オークションの結果についてもう少し書きます。

20円金貨が1,000万円、2円金貨が1,700万円で落札・・・
バブル絶頂の頃、ゴッホの絵が数十億円で落札されたニュースを連想しました。
やっぱり今はバブルなんでしょうか?

今回金貨を落札した人たちは、何が目的なんでしょうか?
DOMBEさんのブログで「キャピタルゲイン」狙いだと書かれていました。
  「しばらく持っておけば更に高値で売れそうだから」
ん?それって・・・・バブル期の不動産投資といっしょでは?
所有しているだけでは収益を生まないものを買ってみんな大失敗・・・
続きを読む前に順位を確認 >>
そして不動産投資は進化し、REITが生まれました。
今のREIT市場がバブルだと言う人もいますが、それぞれの投資法人のホームページを見てみると、情報を開示する義務を負い、投資家に配当する指名を負って不動産を運用していることが分かります。
不動産の価格は相当上がりましたが、REITは収益性を考慮しているので、不合理な価格で物件を買うわけにはいきません。
私は「まだバブルじゃない」論者です。

でも、この金貨の落札価格・・・・・・どうなんでしょうか。
世の中、一部でバブルのような現象が起き始めていると信じれるようになりました。
あのバブル期、人はどう動いて失敗したのか、改めて確認した方がいいなと思った出来事でした。

ところで、私も天皇即位60周年の10万円金貨と1万円銀貨持ってるんですが、高くで売れますか?

 今回の記事はいかがでしたか? ⇒ このブログに1票

 関連記事:マンションバブル
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金貨オークション

不動産関係Blogランキングはこちらから財務省は金貨を売却する初めての公開オークションを実施した。明治から昭和初期に発行された金貨で、初回分の1105枚はすべて落札された。落札総額は5億7000万円以上だという。オークションの模様は12チャンネルのWBSでも紹介され...

コメントの投稿

非公開コメント

どうなんでしょう?
今回の金貨の件と、いわゆるバブル論議(金余り現象→資産インフレ)とは、少し性質が違うように思えます。
昔のブリキのおもちゃとかがとんでもない値段がついたりしますよね。それと同じじゃないですか?
とはいえ、今週号(?)の「エコノミスト」誌の特集「バブル前夜」をみると、確かにあの80年代バブル期と奇妙な一致がありますよね。「歴史は繰り返す」ですかね?

Precious Worksさま、ありがとうございます。
金貨の件⇒金余り減少⇒バブルに熱狂したあの頃⇒理解できない高値で買う人々、というイメージで混同して書いてしまいました。
「エコノミスト」ななめ読みしました。「低金利バブル」と言われてるんですか。知りませんでした。これ弾けたら総崩れになるんでしょうか?私は淘汰される銘柄が出るだけだと思うんですが。
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。