スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対損しない投資用マンションの選び方

これを読めば、空室リスクの大きな物件がわかる!

絶対損しない投資用マンションの選び方―儲かるサラリーマン大家になる53の極意
鳥海 耕二
4757211147

トゥイークのオススメ度:4つ星 「マンションを買う前に読んだ方がいい」

●物件の見学時にどこを見るべきか

投資用不動産を購入する前には、必ず物件を見学に行きます。
しかし、中には物件の見学に行っても、何をどう見たらいいかわからず、雰囲気で「ま、いい物件かな」で済ませているのかも知れません。
とくに、「買いたい」という想いで物件を見に行くと、物件のいいところばかりが目に映り、マイナスポイントは気にならないかも知れません。
そこに潜んでいる入居者のクレーム要因を見学のときに気がついていれば、空室リスクの大きな物件を買わなくてすみます。

●不動産のプロがマイナスポイントを列挙
著者は長年、不動産賃貸業者として入居者を物件に案内してきた経験を活かして、空室の原因となる可能性の高いマイナスポイントを、延々と紹介していきます。
 第2章 こんな物件は間取り図だけで借り主に嫌われてしまう!
 第3章 こんな物件は内見までいっても借り主が契約してくれない!
 第4章 こんな物件は借り主が更新してくれない!
読み進むほど、大家さんも気づきにくいポイントが出てきます。
そして、これらのポイントをまとめた「マイナス条件確認表」が付いています。
物件を見学に行く前に、この表を持っていくだけでも、この本を買う価値があります。

そして最後に、マイナスポイントがあってもそれをカバーする方法として、物件図面の作り方やリフォーム、ペット可対応にまで言及しています。

著者は、”はじめに”でこういっています。
「不幸な家庭を描くことで幸福な家庭がくっきり見えてくるトルストイの作品のように、不動産の賃貸のプロである私がよく知っている空室になりがちなディテールを紹介することで、空室になりにくい、借り主のお客様が求める物件がくっきり見えてくるのではないかと考えたわけです。」

不動産賃貸は長期の安定収支があって初めて成功します。
実際に投資をしてみて気づきますが、毎月の「支出」は管理費やローン返済で安定しているのに、「収入」を安定させるのは非常に難しいものです。
物件選びに失敗したら、長期間にわたり後悔し続けることになります。
そうならないために、この本を読んで「空室リスクの大きな物件を知る」ことは非常に意義のあると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。