スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大家さんに必要な法律知識

最近、空いた時間はビル経営管理士の試験勉強にあてているのでブログを更新するヒマが・・・

ということで、試験範囲からネタをひとつ。
試験科目のひとつに賃貸営業というのがあります。
借主が賃料増額に応じなかった場合契約更新を拒絶できるかとか、借主が使用用途を無断で変更していた場合、借主が破産宣告を受けた場合、転貸について、敷金返還請求権について・・・
様々なケースを想定して貸主の対応を問われます。
似たような勉強を宅建主任者の試験勉強でしたことがありますが、当時は業務経験がなかったのでひたすらテキストを暗記しました。
いまは問題と似たケースを仕事で経験しているのでなんとなく回答できますが、自分がとっていた行動は、民法や借地借家法に基づいていたんだなぁと再確認しています。


大家さんは借主さんと賃貸借契約を結びますが、契約書の根拠となっているのは民法です。

でも、契約関係は賃貸仲介会社に頼んで「おまかせ」なのが一般なので、普段は民法の知識はなくても問題ないのかも知れません。
しかし、借主と何かトラブルが起こったとき、最終的な判断をするのは当事者である大家さんであり、何をもとに解決していくかというと「お互いが合意したはず」の契約書です。
したがって、大家さんは、契約書の根拠になっている民法の知識はあった方がいいと思います。
勉強される場合、私のオススメは間違いなく「口語民法」です。
民法の入門書はたくさんありますが、調べやすさ、理解しやすさ、読みやすさ、すべてにおいて本書がピカイチです。
図表や例を用いて解説してあるので、どんどん読み進めます。
口語民法

さらに、民法の規定のうち借主に不利になるところを修正した借地借家法があります。
借地借家法の規定は民法に優先して適用されるので、こちらも知っておいた方がいいと思います。


あなたのクリックでこのブログに1票入ります。
「参考になったよ」という方はクリックしていただけると励みになります⇒人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。