スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフォームの有無で売却価格に格差?!

東京カンテイの調査によると、中古マンションを売却する際に、リフォームをしている場合としてない場合では、坪当たりの売却額に大きな格差が生じるそうです。

売却額の格差は、築20年頃から徐々に広がる傾向にあり、築20年では5万円程度の差が、築30年では15万円程度に広がり、築40年では30~50万円もの格差が生じるとのこと。

建物は未来永劫存続するものではありません。
だから、不動産投資は始めるときから出口戦略を考えなければならないと思います。
数年後に売却するのか、新しく建て直すのか、更地にして売却するのか、いろいろな選択肢があります。

数年後に売却するとき、売却するからもうリフォームにお金はかけないという考えもあるし、高く売るためにリフォームするという考えもあります。

どちらがいいか判断するために、客観的な判断材料が欲しいですよね。
リフォームの坪単価と、売却価格の坪単価を比較できれば、リフォームをすべきかどうかが判断できます。
でも、個人でそこまでのデータは揃えられません。
今回の東京カンテイのニュースで、そんな統計データの存在を知りました。

おそらくプロは、そういうデータをもとに不動産の投資判断を、出口戦略までしっかり試算しているんだろうなぁ。
個人投資家としての限界とプロとの情報格差を痛感させられますね。

 「そう、そう」という人はおひとつクリック⇒人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スケルトンハウス

パンダ不動産の主力商品のひとつにスケルトンハウス があります。設計の(有)オズ と施工の?アービル の3社の共同プロジェクトなのですが、分譲マンションを徹底的にリフォームしてしまおうという企画なのです。中古マンションを購入して自分流にリフォームという

お薦め リフォームの必読書です

「儲かるリフォーム」 ☆☆☆☆☆ 古びたマンションを、どうやって高く売るのか。 そのために、最も効果的なリフォームとは何か、 という視点から、リフォームを提案しています。 漫画調のかわいいカエルの表紙に、 カエルのキャラクターが対話形式で 疑問に答える、と

コメントの投稿

非公開コメント

TBありがとうございました

TBありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきます。

Re:TBありがとうございました

ハムりん様、TBありがとうございます。
ハムりん様の読書の量はすごいですね。
本の紹介のし方も参考にさせていただきます。
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。