スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐るべし!築古の取得税

不動産を購入すると、
不動産取得税がかかる。

ただし、一定の用件に該当する住宅を取得した場合、
取得税は軽減される。

東京都主税局の説明資料にある例で
計算してみよう。

下記のような木造戸建を取得したとする。

土地:100平米、価格6000万円

家屋:150平米、価格1500万円、築10年


まず、家屋の税額計算。

築10年の家屋は、価格が1200万円控除される。

1500万円(価格)-1200万円(控除額)=300万円

上記の3%=9万円が家屋の納税額。

次に、土地の税額計算。

6000万円(価格)×1/2(特例措置)×3%(税率)=90万円…(1)

ただし、住宅の土地には、

土地の平米単価×住宅の延床面積の2倍×3%

減額される。(ただし述面の上限は200平米))

平米単価=6000万円(価格)×1/2(特例措置)÷100平米=30万円

なので、減額される額は、

30万円(平米単価)×200平米(述面上限)×3%=180万円…(2)

軽減される額(2)が、納税すべき額(1)を超えているので、
土地の納税額は0円

しかーーーし、

これらの軽減措置は、
「一定の用件に該当する住宅」
に適用される。

築20年を超える木造住宅には、
これらの軽減措置が適用されない!


築20年超の場合、納める取得税は、
家屋:45万円(1500万円×3%)
土地:90万円(上記(1)参照)
合計135万円!(築10年なら9万円なのに)

築古物件は、不動産取得税のインパクトがデカい!

おい!民主党!!

なにが、ストック型の住宅政策だ!

なにが、低炭素なエコ社会だ!


税制は、築古を壊して、新築しろと言ってるぢゃないか!!


 続きを読みたい?こちらをポチッと! 
    ↓
 【不動産投資ブログランキング】へ






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。