スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成約の秘訣

週末は、仲良し6家族でエコーバレーに行ってきた。
今シーズン初の雪山。
土曜日の気候は厳しかったが、
日曜日は、最高の雪質と天気だった。(^o^)

さて、ブログを読んでいる方から、
空室を埋める秘訣は何か?
と質問されたので、その回答を書きたい。

トゥイークの空室対策法、

それは、、、

過去記事でも何度か書いているが、

適切な募集条件の設定と、
仲介会社とのリレーション


ただ、それだけ。

特に裏技や奇策を使っているわけではない。

といっても、
募集条件を適切に設定するのは、
簡単ぢゃない。

自分の物件の実力を見定め、
競合物件と比較し、
賃料、敷金・礼金、広告料
設定する。

満室運営の京都マンションと名古屋マンション1は、
人気のない3点ユニットバスだが、
過剰な設備投資をするのではなく、
募集条件のバランスで決めてもらっている。

贅沢はできない。
清潔感、美観は問題ない。
3点ユニットだけど、
この家賃なら、ここに決めっ。

みたいな感じを狙っている。

この辺のコツは、
今田さんの本書いてある。

ただ、家賃を下げただけでは決まらない。

次に大切なのが、
仲介会社とのリレーション。

昨年苦しんだ名古屋マンション2は、
仲介会社に広く認知してもらうことに尽力した。

過去記事参照:「来年に向けた活動」(2009.12.29)

その成果が、年明けから現れている。

浦田さんの本には、数々の空室対策が書いてある。

でも、これらは小手先技であって、
本質ではないと思っている。

すなわち、それをしたから空室が埋まる訳ではない。

では、やる意味がないかというと大いにある

浦田さんの本に書いてある事を実践していると、
仲介会社が「おっ、勉強されてますね!」となって、
対応がちがってくる。

 続きが読みたい?こちらをポチッと! 
     ↓
 【不動産投資ブログランキング】


スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

うう~~ん!

うなっちゃいました♪

さすが~~☆

続きが気になります。

数ある仲介物件から、自分の物件を優先して紹介してくれるような方策があれば参考にしてみたいです!

トゥイークさん
答えはなんとなくわかりました。それは、インセンティブでしょうかね。業者様が自分の物件を率先して覚えてくれますよね。
てらちゃんより。

kamochanさん

空室対策は、最近進化しているので、

いつまで通用するかわかりませんが。。。

ひでさん

仲介会社に自分の物件を紹介してもらう方策ですか、、、

私の場合、泥臭い努力の積み重ねです。

また、ブログの記事にしたいと思います。



てらちゃんさん

たしかに、アメとムチを使い分けています。

でも、広告料は、通常1ヶ月、最大1.5ヶ月しか払っていません。

プレッシャーと感謝の気持ちを使い分けて、適時伝えている

といった方が正しいかもしれません。

今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。