スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市況の反転

日経新聞に、各産業の業況を示す天気図が掲載される。

先月は、ほとんどの産業が 曇りか雨だった。

国中の景気が悪いんだな・・・

と、ひと目でわかる。

同じような指標が、中古マンションにもある。

東京カンテイが発表している「中古マンション価格天気図」だ。

毎月、末日に発表されている。

ここ数ヶ月、産業天気図と同じように、曇りか雨ばかりだったが、
今月は珍しく 晴れ がちらほらと。

中古マンション市況が回復しつつあるのがわかる。

詳しいデータは、
東京カンテイがまとめた「3大都市圏・主要都市別中古マンション価格調査」や
リクルートがまとめた「中古マンションの価格・賃料指数」などの
エリアマーケティングの結果を見れば、
各エリアで価格が上昇に転じているのがわかる。

仕事の方でも変化を感じる。

今までローンの期限到来に悩んでいたファンドが、
次々とリファイナンスを実行できている。

金を出しているのは、なんと外資

外資が金を入れ始めたときが「底」だ。

というのを聞いたことがある。


 続きが読みたい?こちらをポチッと! 
     ↓
 【不動産投資ブログランキング】


スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど~~!!
金融市場が再び加熱しているようですが
「フェイク」だとも「実体経済が伴っていない」とも聞きます。
市況が反転したと、単純に言い切ってしまうと危険か???
とも思い始めています。。。
国内の不安要素としては、亀井モラトリアム。。。
返済猶予となると、ファンドのリファイナンスに、
どんな影響があるのでしょうか???

プチ大家さん

マーケットなんて相場と同じで、
「もう!」と「まだ?」を繰り返して、
気付けば、「あの時が底だった」
てことになるんだと思います。
今が底だなんて誰にもわからない。
ただ、必ず変化の兆しはあって、
それは、気にしていないと気付かない。
私は、不動産の中でも金融庁管轄の分野を
扱っているので、動き始めると早い。
そんな業務の中で、気付いたことを発信しているだけですので、
気にしていただけるだけで幸いです。
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。