スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家賃の設定方法

昨日は、入居者ニーズの調べ方と家賃設定に関する勉強会に出席。

家賃設定って、誰にでもできるけど、
しっかり根拠を作るのって難しい。

2DKの相場を基準にすると、
2LDKの家賃はどれくらいアップするのか。

1階テナントが垢抜けない店舗だと、
基準階の家賃にどれくらい影響するのか。

等々、基準を作っていくと、
家賃設定って奥が深いと知る。

一番印象に残ったのは、
木造とRCの家賃基準について。

トゥイークは、RCという理由で木造より
家賃を高く設定するのは無理と思い込んでいた。

というより、業者に、そう刷り込まれていた。
「今どき、RCというだけで、
 木造より高い家賃のマンションを選ぶ人はいませんよ」と。

しかし、勉強会で気づかされた。

もしそうなら、大家はみんな木造アパートを運営する。
なぜ高い建築費を投じてRCマンションを建築する人がいるのか。

入居者ニーズも、家賃設定も、入居者の気持ちになるのが大切。
入居者は、RCマンションに何を求めるのか。
ハイグレードなイメージ、堅牢な構造への安心感、
そして、遮音性。

そのニーズに応えた物件を提供し、
うまくアピールし、相応の家賃に設定する。

なっとく。

今まで、業者の言いなりになって、少々弱気すぎたようだ。

弱気すぎたのか、
だから満室経営できていたのか、
今後の検証が必要だ。

あと、エレベーターがある場合、ない場合、
階層の違いや、角部屋と中部屋の違いで
家賃をどう設定するかというのも参考になった。

入居者の心理を突いて、
高い部屋と安い部屋に差をつけることで、
無難な家賃に設定するよりおもしろい結果になるようだ。

 続きが読みたい?こちらをポチッと! 
     ↓
 【不動産投資ブログランキング】


スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

RCに住みたいです^^

わたしもただなんとなく家賃をきめていました。

相場ってむずかしいですね。

探すときにお客様でもボーダーをひいているので、

適正価格もあるんだとおもいます。

kamochanさん

私のまわりもそうでしたが、
中古物件で空室が発生すると、
どうしても弱気の家賃設定になってしまいます。
基準を作って家賃を設定すると、
業者さんにも根拠を説明できてよいなと思いました。
さっそく今日からやってます。^^

勉強会の内容はわかりませんが

大家も、どうしても売る側の妄想に走って

しまうかも。

買う側、借りる側の目線で考えれば

効果的で違った対策もできそうですね^^

おっしゃる通りと思います!
「いい物作ったから売れるだろう」という作る側目線の
勝手なメーカーは生き残れなくなりましたからね。
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。