スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期使用製品安全点検制度

仕事の方で、4月1日からスタートした
「長期使用製品安全点検制度」に対する
対策が始まった。

長期使用製品安全点検制度とは、
長期間の使用に伴い生ずる経年劣化により安全性に支障が生じ、
特に重大な危害を及ぼす恐れの多い9品目について、
点検制度が設けられるというもの。

対象商品は、
1.室内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用)
2.室内式ガス瞬間湯沸器(LPガス用)
3.屋内式ガスふろがま(都市ガス用)
4.屋内式ガスふろがま(LPガス用)
5.石油給湯器
6.石油ふろがま
7.密閉燃焼式石油温風暖房機
8.ビルトイン式電気食洗機
9.浴室用電気乾燥機

詳しくは、経済産業省ホームページ ご参照

つまり、大家さんは、
上記製品を設置・所有する場合は、
ユーザー登録を行い、
メーカーから「点検通知」が届いたら、
点検を受けることが責務になった。

いまのところ、行政処分は伴わないようだが、

所有者登録・点検と保守の責務を果たさずに
重大事故を招いた場合は、大家さんが
社会的責任を問われることになる。

大家として、安全に配慮するのは当然だが、
でも、面倒だ・・・

管理会社との連携が重要だな。



 続きを読みたい?こちらをポチッと! 
    ↓
 【不動産投資ブログランキング】へ



スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。ブログの記事が書かれてから大分たってしまいましたが、このような記事が見たくて実はトゥイーク様のブログを拝見しています。

この制度に関する賃貸ビジネスに特化した情報がほとんど入ってきません。
できればどんな点が実務で問題になっているか教えて頂けると助かります。

BBQさん

経年劣化で事故が発生したので、所有者による点検を制度化しよう。
役人が考えそうなことです。

どんな点が実務で問題になっているかといいますか、
始まったばかりの制度ですので、まだ問題は生じてないです。
いやらしいのは、点検を所有者の責務とするが、
やらなくても行政処分はないということです。
じゃあ、やらなくてもいいのか。
でも、それで事故が起こったら、責任は問われる・・・
入居者の安全を無視して、自らの利益を優先したなんて言われたくないから、
やっぱり、やらないといけないか・・・
ってかんじです。
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。