スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレベーターの落下事故

今日、日本育英会の奨学金を返済した。
社会人になってから毎年、
冬のボーナスから2●万円を返済してきた。

結婚して、妻から
「学生時代の借金を家庭に持ち込むな!」
と言われ続けて約10年。
やっと、完済だ!

さて、
先週、京都の某マンションで、
エレベーターが、ドアが開いたまま降下し、
住民の女性が足を挟まれて骨折する
という事故が起こった。

このニュースを見たとき、
2年前のシンドラーの事故を思い出した。

また、ブレーキパットの劣化だろう。

そう思っていたのだが、

よく考えたら、
ブレーキパットの劣化なら、カゴは上昇する。

事故を起こしたのは、

油圧式エレベーターだった。

油圧式は、ロープ式に比べると落下事故が起こりやすい。

油圧シリンダー内に細かいゴミが入ると、
その隙間から油圧が抜けていくからだ。

実は、トゥイークが所有する京都マンションも
油圧式エレベーターである。

油圧式エレベーターの怖さと、
所有者責任について、改めて考えさせられた。

先日、エレベーターの修繕計画を
提案してもらったところだが、
それで、本当に住民の安全が守れるのか、
考え直す必要がある。

油圧式は、保守の意味では、
ほんと金食い虫だな。

ロープ式に入れ替えるか?


 今回の記事はいかがでしたか?

 参考になった方はクリックをお願いします ⇒ 【ブログランキング】へ

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

エレベーター

色々難しそうですね。

保守費もばかになら無そうですし。

命に関わるとなると手を抜けないですし。

autamnさん

エレベーターは人命を預かる乗り物。
お金がかかっても安全第一。
でも、場合によっては、今まで蓄積した利益を吐き出すことも。
悩ましいです。。。

No title

こんばんわ

最近はピットレスの巻上げ式とかあるので、検討しても良いと思いますよ。

以前のELVに比べて最近のELVは省スペースなので、古い建物に最新設備を入れるのであれば、シャフトスペースは大丈夫だと思います。

油圧から巻き上げ式に変更する場合は、通常は屋上に機械室が必要です。東芝は巻き上げ機をシャフト内に取り込めるタイプを北欧のメーカーのパテント買って導入しているので、そういったタイプなら、構造への変更も最小限でいけるかもしれませんね。

構造変更できるなら、横浜ELVとか安くてお勧めです。品質はまったく問題ありません。(以前、本業で使った事あります)

ハッピー不動産投資 現在進行中!投資利回りは自分で決める?
http://fukuchan.24.dtiblog.com/

ふくちゃんさん

詳しい情報をありがとうございます。
思いつきで書きましたが、実際にに油圧をロープ式に替えるのは難しいでしょうね。
よい方法があれば、教えていただけると幸甚です。
今後ともよろしくお願いします。
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。