スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産マーケットの分析

前回、投資分析で、木を見て森を見ないのは危険と書いた。

それは、その不動産は、決して個別に存在するのではなく、
存するマーケットの要因に左右されるから。

では、市場の分析とは、何をするのか?

ひとことでいうと、
需要面と需給面の予測を行い、
需給のギャップを分析すること。

そして、マーケットには、サイクルがあることを知る。

一般にマーケットは、

拡大→需給過剰→後退→回復

の4局面を繰り返す。

投資対象のマーケットが、どの局面にあって、
今後どうなるのかを予測する。

東京のオフィスと、札幌のマンションの
マーケットはそれぞれ違う。

では、どのように市場分析をするのか?

まずは、不動産マーケットの範囲を特定する。

「札幌」の「住宅」市場とする。

すると、

需要面の予測は、住宅需要の源泉である「人口」の増減に着目する。

供給面の予測は、今後供給される住宅計画を把握する。

これらの予測から、需給ギャップを分析し、

結果、「空室率」の予測ができる。

オフィスも同じような感じで分析可能。

商業施設は、もっと複雑で難しそうだ。


 今回の記事はいかがでしたか?

 参考になった場合はクリックをお願いします ⇒ 【ブログランキング】へ


スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。