スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸し剥がしが「あった」

これだけ不動産市況が悪化して、
銀行の融資基準が厳しくなった噂が聞こえてくると、

借りたお金でさえ「貸しはがし」にあうのではないか

と心配になる。

あかちゃんさんのブログによると、

持たざる個人への融資の扉を閉じた、あの都銀が、
さすがに「貸しはがし」はしないと言ったそうだ。

それどころか、あかちゃんさんには、
「もっと借りてください」と。
あかちゃんさん、すごいなぁ・・・

「貸しはがし」はないということで、ひとまず、ホッ。

しかし、帝国データバンクがまとめた
「融資姿勢および資金調達に関する企業の意識調査」
の結果によると、

2008年になってから貸し渋りや貸し剥がしが「あった」
回答した企業が7.8%もある。

そのうち25%が不動産業と、最も高い。

貸し渋り・貸し剥がしの具体的な内容は、

1位 新規融資の拒否

2位 融資の減額

3位 貸出金利の引き上げ要求

4位 追加担保の要求

やっぱり、「貸しはがし」はあったんだ・・・

銀行は、中小企業の事業融資に特に厳しいようだ。

堅実な運営をしないと、個人にも
いつやってくるかわからないな。

こわい、こわい。

 続きも読んでくれる?⇒ ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こないだ帝国データバンクの人と仕事で話しをしました。
金融機関の引き締めで苦しんでいる会社さんが多いようですね。

No title

私には引き締めないでほしいです・・・購入したいので
しかしながら、金融機関はずっと引き締めつづけると自らの首を締めることになりますので、一通り切り捨てたらまた貸すようになるんでしょうね。
緩めて引き締めての繰り返しなんでしょうね。

自分は今のところ貸し剥がしに遭う心配は
ありません。
借りてないので^^

No title

もっとかりてください。
なんてすごいですね。
でもあるんだ。
かしはがし。
こわいですね。

No title

autamnさん、tysさん、ポチおさん、kamochanさん
いつもコメントありがとうございます。
借りたくても貸し渋りにあうし、借りても貸し剥がしにあうし、いやな世の中ですね。
自分を見つめて、無理せず、計画的に・・・ってどこかのCMみたいだけど、銀行が貸したい属性になって、銀行が貸したい物件を見つけて、銀行に返せって言われない運営をしていくしかないですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私も担当に同じこと言われました。
安心しました^^

これからも気を抜かずに頑張りましょう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

星輝さん

そうですか。安心です。
月曜日よろしくお願いします。
楽しみにしています。

No title

いつも楽しみに拝見させていただいております。

7.8%のうち25%が不動産業というのは大きいですね。
不動産業のうち、不動産貸付業で貸し剥がしがあった企業は如何ほどでしょうか。

お付き合いさせていただいている金融機関は、大家業は担保が取れるので他の業種よりも稟議を通しやすいと仰っていました。

基準がコロコロ変わるので、安心できないんですけどね。(^^;

えのっちさん

はじめまして!
今手元に資料がないのですが、業種別では、不動産賃貸業よりも不動産販売業の件数が多かったです。
また、事業融資とアパートローンでも対応は違ってくるようです。
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。