スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビル経営管理士の試験対策法

連休中は、祇園祭を見るために家族が来てました。
しかし、あいにく大雨の中の山鉾巡行となり、散々な祇園祭でした。
おかげで、どうやら風邪をひいてしまったようです・・・

さて、ここ最近、「ビル経営管理士」を検索ワードに、このブログを訪問していただいてる方が多いようです。
今年のビル経営管理士試験の申込み締切は、8月1日ですね。
皆さん、受けようか、どうしようか、迷われているのかもしれませんね。

「プロパティマネージャー」の実力を証明する唯一の資格ですし、プロパティマネジメント業務が定着するに連れて注目される資格ではありますが、受験料は高い(31,500円)し、その割には試験対策の情報があまりにも少なすぎるし・・・というのが共通の気持ちではないでしょうか。

私も昨年同じ気持ちでしたので、昨年の受験後、このブログで、ビル経営管理士試験の情報を提供し、対策講座みたいなコンテンツを考えていたのですが、半年以上の大阪出張で、まったくそれどころではありませんでした・・・

せっかくですので、昨年の経験者として、参考意見を書かせていただきます。

まず、ブログ読者の方からもご質問をいただいてますが、「難しいですか?」
これは、受験者のバックグランドによって異なりますので、一概にはお答えできません。
知識・経験ゼロからはじめると、もちろん難しいです。
特に企画・立案業務は問題の意味すら分からないかもしれません。

試験は3科目ありますが、
「賃貸営業業務」は、宅建の知識があれば問題ないでしょう。
「管理運営業務」は、建物管理実務の経験があれば、かなり易しい水準だと思います。経験がない場合は、マンション管理士とセットで勉強するのが効果的でしょう。
一番特色があるのが、「企画・立案業務」ではないでしょうか。これは、収支計算等の経験がある方が望ましいです。しかし、出題形式にいくつかのパターンがあるので、過去問題をこなせば対応できます。あと、証券化やファンドに関する時事ネタに関心を持っておく必要があります。

勉強方法は、過去問題集がビーエムジェーのサイトから購入できるので、これをひたすら解くしかないと思います。私もこれしかしていません。

試験問題の難易度は低くありませんが、合格基準はビックリするくらい低かったのでご安心ください。
ビル経営管理士試験は、昨年から受験資格がなくなりました。
(財)日本ビルヂング経営センターを経営するため(?)、今は会員と資格者を増やしたい時期なのではないでしょうか。
受けたら受かる(?!)この時期がチャンスかもしれませんね。

  今回の記事はいかがでしたか?よかったらクリックを! ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マンション管理士の試験問題

マンション管理士の試験問題に関する情報をまとめています。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。