スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレメンテ料金の秘密

エレベーター事故に関する報道の中で、今まで闇に包まれていたエレベーター業界に焦点があたり始めていますね。
今回は、エレベーターのメンテナンス料金について触れたいと思います。

ニュースの中で、
「事故機の年間メンテ料金は、シンドラーの446万円からSECの115万円に約4分の1に削減されていた」
と報告されています。

シンドラーが「メンテナンスで暴利をむさぼっていた」ということでしょうか。
これは、次のように考えると納得できると思います。

メーカー系メンテナンス会社は、納入したエレベーターが存在する限り、最後まで責任を持って品質を保持しなければなりません。
20年、30年経って、もう部品がないからと危険な機種を放置する訳にはいきません。
機器が劣化してメンテナンスに手間がかかるようになったからと、急にメンテ料金を騰げる訳にもいきません。
このように考えると、故障が発生しない初期の期間は、メンテ価格が多少割高になっているのではないかと思います。(446万円が妥当かどうかは別です。)

一方、じゃあSECのような独立系は、なぜメーカー系より安くできるのか。
それは、「いつでもやめられるから」です。
特に、シティハイツ竹芝では、毎年入札でメンテ会社を決めていたようですから、言い換えれば、今年だけメンテすればいいのです。
エレベーターの耐用年数は17年です。
当該事故機は、平成9年製造のようですから、「普通の機種」ならまだまだ故障が発生するような時期ではありません。
翌年以降のことを気にしないでいいのなら、極端な話、オイル代と人件費を賄えれば利益が出ます。

過去にも書きましたが、私なら20年後も30年後メーカー系にメンテナンスさせます。
いくら古くなっても、メーカー系に一生懸命保守してもらいます。
その時になれば、「あの頃の料金は高くなかった」と思えると思います。

それを、今回のシティハイツ竹芝のように、10年足らずの時期で独立系に切り替えられることで、メーカー系は、長期間維持しなければならない責任から開放され、割高に徴収していた保守料金が利益として確定しているという事実に気づくべきです。

  今回の記事はいかがでしたか?よかったらクリックを! ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認

関連記事:究極のエレベーターメンテナンスコスト削減策
     シンドラーに怒りを覚える!
     
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ。私は流動化案件に携わっているものです。実は私の担当案件にシンドラー社の製品がありました。しかもメンテもシンドラーで共同住宅で。早速、緊急点検と過去の事故・故障履歴調査をPM会社通して指示しました。しかし、誤作動事件以降のシンドラー製品の点検依頼が増加し、私の案件は点検をするのに2週間以上はかかるとのことでした。外部の国内大手メンテ3社(日立・東芝・三菱)にも相談したのですが、シンドラ社独自の管理マニュアルによる点検をしないと安全確認ができないとのことでした。私は人命にかかわることなのに何もできないことに憤りを感じました。また、ヒューザーやアスベストのときもそうでしたが国土交通省の対応は遅い!一日も早くシンドラー社に対して管理マニュアルの公開を求め、外部メンテでも安全確認するようにするべきだ!トゥイークさんこれからも一般市民のため、良きアドザイスお願いします。

建物そのものと付帯する設備、人命にもかかわる脅威というものに対してのリスクをどうコントロールすべきなのかを再考しなければならないタイミングだと思います。多分、エレベータだけではなく、アスベスト対策、ショックハウス症候群、回転ドアやFF式石油ファンヒーターの回収といったものもすべてが事象が発生し「騒ぎ」になってからはじめて調査・対策といったことになっているように感じます。アスベストに関しては難しかったのかもしれませんが、何らかの予兆というもがあったはずです。

くりぞうさん、いらしゃいませ!
「恐くてエレベーターに乗れない」と9階の自宅まで階段を上るおばあちゃんの映像がテレビで流れていました。利用者に被害を与えただけでなく、今もなお多くの人に迷惑をかけ続けている事を考えたら、シ社の対応には憤りを感じます。もっと誠意ある対応をしてほしいです。スイス本社が本気になれば、もっと迅速な対応が可能なバックアップ体制はあると思うのですが・・・

isYagisawaさん、コメントありがとうございます。
トラブル対策、品質保証に時間とお金を費やすことは、短期的には会社の利益に反するため、勇気のいる行動だと思います。「騒ぎ」になってから、後追いになってしまうのもわかる気がします。
こういう仕組みつくりを、パブリックな機関に旗振りしてほしいですね。
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。