スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大家さんの資産運用法

不動産投資をしている方には、株式投資で頭金を作って、不動産投資にまわして、レバレッジを効かせて、資産を増やしている方は多いと思います。
私も株式売買手数料が自由化された1999年10月から、株式投資を本格的にしました。
私の投資法はボロ株投資です。
赤字続きだけど財務状態がよく、近い将来復活が期待できる100円台の銘柄ばかり漁ってました。
「これ以上株価は下がらない、でもすぐには倒産しない」銘柄への投資です。
だから、ITバブルとも関係がなく、大きく儲かることはありませんでしたが、負けることはないという、自分に合った手堅い投資法を実践し年20~30%の利益を重ねてきました。

しかし、昨年から不動産投資を始めました。
不動産投資を始めると、物件情報を集めたり、金融機関をまわったりと、かなりの時間と労力を費やすことになります。
株式投資の銘柄選択までする余裕がなくなりました。

そんなときに読んだのが、内藤忍の資産設計塾という本です。
この本の主旨をひとことで表すと『どの銘柄を買うか、いつ買うかよりも、「どう資産配分するか」で、投資リターンの80%が決まる』というものです。
この資産配分をアセットアロケーションといいます。
アセットアロケーションとは、自分はどれだけリスクを許容できるかを考えて、①流動性資産、②日本株式、③日本債券、④外国株式、⑤外国債券、⑥その他資産の6つのアセットクラスに資産を配分することです。

この「どれだけリスクを許容できるか」を考えることが非常に重要です。
本書によると、日本株式の最大損失リスクは-40.6%とあります。
すなわち、私が株式投資に専念していた頃、40%のリターンを狙うことばかり考えていましたが、同時に1年間で資産の4割を失うリスクを抱えていたということです。
気づきませんでした・・・

人は投資を始めるとき、儲けることだけを考えて行動しがちですが、アセットアロケーションは、リターンよりリスクから運用を考えるのです。
アセットアロケーションの最大の効果は、資産を分散させることで、リターンのブレを小さくできるのです。
これが著者の言う「ゲームオーバーにならずに資産設計を長期で続ける方法」なのです。

アセットアロケーションを知るまでは、資産運用は日本株式だけあれば十分で、国債や債券ファンド、外国株式に投資する理由がわかりませんでした。(最初、本書はマネックス証券の商品を宣伝しているだけかと勘違いしていました。)

私は、年間20%までの損失可能性をリスク許容度と決め、本書を参考に
  日本株式:30%
  日本債券:10%
  外国株式:20%
  外国債券:20%
  その他:20%
のアセットアロケーションにしました。

あとは、上記に従って投資信託等を購入しただけです。
これだけで、リターンのブレを小さくできるばかりか、株式の銘柄選択から開放され、不動産投資に時間が割けました。
大家さんには、お奨めの資産運用法だと思います。

次回は、アセットアロケーションを1年実践した結果を報告します。

  今回の記事はいかがでしたか?よかったらクリックを! ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認

関連記事:1年間の運用結果

日本で初めてアセットアロケーションの実践方法を説いた本です。
内藤忍の資産設計塾
内藤忍の資産設計塾


こちらとセットで読まれることをお奨めしたいです!
内藤忍の資産設計塾 実践編
内藤忍の資産設計塾 実践編 ―自分も資産も成長する新・資産三分法

スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ。

なるほど。アロケーション。
私も国内ばかりなので読んで見ようと思います。


ところで株でも債券でもない「その他20%」というのは
なんでしょう?
差し支えなければ教えてください。

ランゲルハンス島さん、いらっしゃいませ!
「その他20%」・・・不動産がこのアセットクラスになります。
しかし、実物不動産で資産の20%にするなんて難しいので、不動産ファンドや、不動産以外にオルタナティブファンドがあります。
このネタ、書き始めて、かなりの続編が書けそうな気がしたので、ひとつのカテゴリを追加しました。続編をご期待ください・・・

最近負け続き・・・情けない(苦笑)
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。