スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の不動産投資はどうだ?

連日熱戦が繰り広げられているサッカーワールドカップ。
会場はご存知のとおり、ドイツです。
ドイツといえば、先月、不動産ファンドのクリードが、ドイツに進出し、現地法人「クリード・ドイチェランド」を設立しました。
ドイツの不動産投資環境が、1990年代後半の日本に似た買い手市場となっていて、ビジネスチャンスと判断したようです。

昨年から不動産ファンドは、買える物件を求めて、地方物件様々な用途に投資を始めていることは過去にも書きましたが、いよいよ海外にも本格進出のようです。
クリードの他にも、アーバンコーポレイションがシンガポールに駐在員事務所を開設したり、ダヴィンチ・アドバイザーズがハワイのコンドミニアム開発に出資したり、ケネディクスがアメリカの住宅やイギリスのオフィスファンドに投資を始めています。

不動産経済通信のクリード吉宗社長の取材記事では、ドイツ以外の投資先として、
「経済の規模や成長性、市場成熟度、法制度、アクセスのしやすさなどの観点から、中国や韓国が候補」とあります。

中国といえば、先日、アセット・マネジャーズが中国不動産ファンド事業を始めました。
不良債権となった金融機関の担保不動産を安く取得し、短期転売で高い運用利回りを狙うようです。
数年前、不良債権にあえいでいた日本で、外資に不動産を買いまくられた経験を活かして(?)、それを海外で展開するのでしょう。

昨年、『中国には、まだプロパティマネジメントのニーズはなかった』と書きました。
それは、まだ変わっていないと思います。
AM会社は海外に進出しているのに、PM会社は国内で競争し続けているのは厳しいですね。
早く、中国等海外で、不動産を長期所有するために、良質なプロパティマネージャーが求められる環境にならないでしょうか・・・

  今回の記事はいかがでしたか?よかったらクリックを! ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認

関連記事:中国の不動産管理事情
     ラブホファンド
     スキー場ファンド
     ロードサイド店舗運営の魅力とリスク
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロパティマネージャー自ら不動産投資に挑戦

昨年から不動産ファンドは、買える物件を求めて、地方物件や様々な用途に投資を始めていることは過去にも書きましたが、いよいよ海外にも本格進出のようです。数年前、不良債権にあえいでいた日本で、外資に不動産を買いまくられた経験を活かして(?)、それを海外で展開す..

アーバンコーポレイション略称 = アーバン、URBAN|国籍 = 日本|郵便番号 = 730-0012 |本社所在地 = 広島県広島市中区上八丁堀4-1-5F |電話番号 = 082-511-9000 |設立 = 1990年5月8日|業種 = 8050|統一金融機関コード = |SWIFTコード =

コメントの投稿

非公開コメント

韓国は注目のようですね。
知り合いの会社が力を入れてるようです。

うなさん、こんにちは。
韓国も注目ですか。すでに力を入れている会社があるんですね。やっぱりキャピタルゲイン狙いなのでしょうか。

興味深い内容です。
もしよかったらジャンルが違うのですが相互リンクしませんか?
http://www.fuuzoku-kansai.com/
よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

相互リンクのお願い

はじめまして、tetta(テッタ)と申します。

今回は相互リンクのお願いでコメントをさせていただきました。

よろしければ相互リンクをお願いできませんでしょうか。

勝手ではございますが、以下ページにリンクをさせていただきました。
http://china-real-estate.datsu-ryman.com/

もし不都合がありましたら、ご連絡をいただければ
修正または削除致します。

私のサイトでは、中国不動産投資について記述しています。

よろしくお願い致します。
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。