スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅田の賃料上昇事例

東京都心5区のオフィス空室率が10カ月連続低下していますね。
梅田でも優良な空室在庫が激減しているようです。
梅田で100坪くらいの空室が発生すると、仲介業者からの問合せが殺到します。
貸主が超強気になれる時代がやってきました。
はっきり言って、最近リーシングが楽しくてたまりません。

前オーナーが、退去防衛で賃料値下げに応じる代わりに、2年間の解約禁止条項を付けたテナントがいます。
そのテナントが、移転したいのに解約禁止条項があって動けないと言ってきました。
もしこのテナントが退去した場合、今の市況なら30%高い賃料で、それもすぐに新規テナントが決まることが期待できます。
このテナントに対して、解約禁止条項をはずしてあげることにしました。
1年前では考えられない状況です。
テナント対応といえば「退去防衛」一色だった時代が遠い昔のよう・・・

また、ある地方都市に本社があるテナントが、「現在の市況を鑑みて賃料値下げをお願いしたい」とレターを送ってきました。
さっそく本社の総務部長に電話です。
「○○部長、残念ながら梅田の市況を鑑みるなら”値上げ”ですわ!」
あぁー気持ちいい!

話は変わりますが、西梅田の商業施設「ハービスエント」内にあるティファニー店舗で展示されていたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)優勝トロフィーを見てきました。
このトロフィー、ティファニー製だったようです。
WBC


  今回の記事はいかがでしたか?よかったらクリックを! ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認

関連記事:深夜の緊急対応
     オフィス賃料5年ぶり上げ
     空室率がついに!
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

定期借家契約と賃料値上げ

またも日経新聞(2006年5月24日)からの引用です。(ここから引用)2001年ごろから浸透し始めた定借は、5年間の賃貸契約を結んだ例が多い。契約更新を今夏以降に控え、大手不動産各社は継続入居を求めるテナント企業に対して値上げを打診し始めた。大手不動産ではこ....

コメントの投稿

非公開コメント

つい最近まで解約阻止や減額交渉に頭を痛めていたのに、まったく正反対の状況になりましたね。
改めてオフィス賃貸市場のボラティリティの高さを実感しました。

Precious Worksさま、コメントありがとうございます。
最近、強気強気の話題ばかりですよね。
でも、AMさんにとっては、価格も上がってきたので、だいぶん買いにくい状況になってきているのではないでしょうか?

>残念ながら梅田の市況を鑑みるなら”値上げ”ですわ!

強気な営業、非常に羨ましい(笑)

うなさま、こんにちは!
今日も強気な営業してきましたよ。
こんな市況になるなんて、1年前には想像できませんでしたね。
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。