スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行へのプレゼン資料

GW中は、家族と貴重な時間(単身赴任していると当たり前のことが貴重に思える)を過ごしましたが、深夜・早朝は不動産投資のための時間も割きました。

取り引き金融機関を増やしたかったので、金融機関向けに、プレゼンテーション資料を作成しました。
参考にしたのは、「3年で10億円の不動産を買った普通のサラリーマンに学べ・2」というお宝不動産セミナーDVDです。


私自身、プロパティマネージャーとして、収益不動産の事業計画や収支シミュレーションは仕事でやっていることなので、資料作成は慣れているつもりだったのですが、講師のMatsumura氏のやり方を聞いて、自分はまだまだ甘かったことを知りました。
Matsumura氏のプレゼンテーション資料は、力の入れようが違いすぎます。
そうかぁ、取り引きも資産もない普通のサラリーマンが、金融機関に新規取り引きをお願いするときは、ここまで周到に資料を準備する必要があるのかー・・・

Matsumura氏は、ロンドンから帰国してすぐ、コネなし、カネなし、信頼なしだけど、建築の知識と不動産投資に対する情熱はある、という状況から、不動産屋と銀行をまわり始められ、実際に成功したという事例を紹介されています。
プロパティマネージャーとしての経験と不動産投資に対する情熱は普通の人には負けないと思っていましたので、Matsumura氏の境遇に近く、自分がどのようなプレゼンテーションをすれば効果的なのか、よーくわかりました。
そこで、Matsumura氏のプレゼン方法を参考に、資料を作成してみたのです。
これを持って、金融機関まわりをしてみようと思ってます。

「3年で10億円の不動産を買った普通のサラリーマンに学べ・2」には、銀行へのプレゼンの仕方の他に、物件情報を得るためのコツ、不動産業者との付き合い方等の講義があります。


融資稟議を通させるコツ、買主と価格交渉する際のコツ、敷金0円で募集する方法など、このセミナーから得られるアイデアの数は少なくありません。
コネなし、カネなし、信頼なしで不動産投資を始めたのに、3年で10億円もの不動産を買える人は、やはりものの考え方と行動力が違うんだなぁと、とても参考になりました。

Matsumura氏のような発想力と行動力、そして、先日も紹介した「3年で10億円の不動産を買った普通のサラリーマンに学べ・1」で学んだように、物件チェック、マーケット調査、資料準備、融資条件交渉、金額交渉を物件購入に向けて時間管理していく「タイミング・マネジメント」手法を実践すれば、少なくとも普通の投資家には負けないな・・・と思いました。


  今回の記事はいかがでしたか?よかったらクリックを! ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認
  
  関連記事:忙しくてもタイミング・マネジメント!

10億円の資金を集め、毎年1億円の収入を得る方法が学べます。
「3年で10億円の不動産を買った普通のサラリーマンに学べ・2」




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。