スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規物件の立ち上げで大忙し

4月になり新年度に入りましたが、先月から引き続き忙しい毎日が続いています。
3月末に3物件受託したので、その立ち上げに追われています。
そのうちの1件は、売買時にヒモ付きで他のPM会社に決まっていたのですが、AM会社からPM契約の案文を見るなり「我々にこんな対応はできません」とケツ割って逃げてしまったらしく、慌てたAM会社から特命で持ち込まれた案件で、何の準備もできてなかったため、てんてこ舞いです。
この1週間は、ろくに昼食をとる時間もありませんでした・・・

今私が担当しているビルには、都道府県の大阪事務所がテナントとしていくつか入っているのですが、県というのは本当に融通がききません。
「この契約にはあの書類が必要」、「この確認にはあれを出せ」、「この印鑑でないと支払えない」。
一方で、要求された書類に印鑑を押すのは、信託不動産の所有者である信託銀行です。
信託銀行も印鑑を押す際のチェックには、過剰なくらいに時間がかかります。
県からは「いついつまでに書類をもらわないと電子決裁に間に合わない」と言われ、信託銀行からは「押印には4日かかる」と言われ、それだけでも「たのむよー」という気持ちだったのに、やっとできた書類を急いで県に持っていくと、もう時間外で早々と事務所は閉まっていた・・・という出来事がありました。こんなことがあると、ドッと疲れが出ます。

新規受託した物件の承継同意でテナントをまわった際には、今回の証券化スキームを説明したわけですが、テナントも「証券化」なんて聞きなれない言葉が出てきたので独自に調べます。そうしたら、タイミング悪くJPモルガン信託銀行が金融庁から処分を受けたニュースが出ていたので、「信託銀行も信頼できないようだね」予想外の展開にタジタジ・・・

あぁ、疲れました。
大阪は、そろそろ桜が満開になりそうですが、ゆっくり花見をする時間は しばらくなさそうです・・・

  応援お願いします! ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ますます厳しくなる受託基準

昨日200億円を超える大型案件のクロージングが完了し、一息ついているところです。 いつもお読み頂き有難うございます。 →人気blogランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。