スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マザーズオークションで物件を売却

収益不動産を探していると、もっと自己資金があればこの物件買えるのに!と思うことが多々あります。
昨年購入した名古屋の区分所有マンション、非常に安く買えたので、今は表面利回り20%以上で回っています。
このまま回して投資額を回収した5年後に売却しても利益は出るだろうと思ってます。
しかし・・・ふと考えました。
今なら表面利回り10%でもこの物件買う人いるのではないか?
だとすれば、5年分の利益を上乗せして今クロージングするのと同じ経済効果ではないか。(譲渡税は考慮せず)
不動産を所有することで抱えるリスクから開放されて、利益は確定する。
手元の自己資金が増えれば、大きな不動産が買える・・・

そこで、昨日も触れたマザーズオークションの登場。

マザーズオークションが唱える「健全で公平で透明な不動産取引き」は、絶対売主にメリットが大きいと思っていましたので、試しにマザーズオークションに出展の申込みをしてみました。

するとカスタマーセンターから連絡があり、
1.住宅地図
2.土地 登記簿謄本
3.建物 登記簿謄本
4.確認済証・検査済証
5.評価証明書と固都税納税通知書のコピー
6.収入と費用がわかるもの
7.間取図
8.写真
9.身分証明書の写し
を揃えて送りました。

ちょうど、現在開催中の「ハンマーズ・ラッシュ300」の物件を集めている時期で、今なら間に合うとのことでした。

カスタマーセンターの説明では、マザーズオークションとヤフーオークションの2通りの出展方法があるらしく、利回り重視で売却の場合はマザーズオークション、希望価格での売却を希望する場合はヤフーオークションでの出展がいいそうです。

私のスタンスは、高めの設定価格で出展し、札が入ればラッキー、入らなければ継続保有だったので、ヤフーオークションを奨められました。
マザーズオークションは、成約率高める使命があるため、最低価格を安く(利回りを高く)設定して欲しいとのことでした。

先方は、物件の築年数がけっこう経っているので利回りを15%くらいに設定してみては?と奨めます。
私は、実際は定期的な大規模修繕を施しているマンションで、室内もリフォームをしたばかりで古さは感じないのだと説明します。
そして、相談していくうちに、私の物件はマザーズオークションに向いていないことがわかってきました。
マザーズオークションの利用者は、ネット上で物件概要の数字を見て価値を判断します。
私の物件は、実際に見なければ、そのキレイさと管理の程度の良さがわかりません。
そういう訳で、今回の出展は見送りました。

担当者は、非常に親切に相談にのってくれました。
マザーズオークションは、サイト上で様々なデータを蓄積して分析していますので、「この物件なら、この地域のこういった属性の人から、これくらいの価格で入札されるだろう」という予測が可能だそうです。
彼らのノウハウと、そして公正な不動産オークションの仕組み、マザーズオークションは売主に非常にメリットのある売り方だと再確認しました。
またいつか、利用したいと思います。

  今回の記事はいかがでしたか?よかったらクリックを! ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認

 関連記事:マザーズオークションの躍進
      不動産オークションの可能性(前編)

不動産売却の申込はコチラから↓


スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

一昨日のWBSです

(スタジオ)
小谷真生子(メインキャスター):こんばんは。様々なものが買うことができる
 インターネットですが、ついに不動産にまで広がりそうです。大浜さんの取材です。
大浜:はい今日はですね不動産のネットオークションを本格化させていこうという
 動きなんですけれども、背景には色々な事情があってですね企業の動きも
 合わせて取材してまいりました。
テロップ:不動産取引もネット時代-
画面:(マザーズオークション出展社向けイベント会場、マザオクのロゴ)
テロップ:アイディーユー池添吉則社長 不動産の流動性を高める
池添:不動産の流動性を高める、要はインターネット証券が株式の流動性を高めました。
 その大きなインフラ(武器)がインターネットだったのです。
テロップ:三菱地所・大京など約150社
ナレーター:アイディーユーが手がける不動産のネットオークションが本格的なスタート を切った。加盟する不動産会社が今日一同に会した。
池添:エリア産業から広域産業に変わる大きな一瞬だと思います。
大浜:不動産のネットオークションの画面、私、初めて見るんですが、こちら
 物件がですね麻布十番のワンルームマンションです。最低売却価格見てみると
 1510万円、でまだ入札始まってませんから入札件数はゼロ件なんですが
 これ入札が始まるとドンドンドンドン価格が上がっていくという仕組みなんですね。
ナレーター:現在加盟店は300。総額300億円の物件が並ぶ。マンションの一室から
 ビル一棟まで幅広い。アイディーユーは物件を調査する子会社を設立し、情報を
 ネットで開示。10日から入札が始まる。
画面:(出展されているマンションの外観)
大浜:こちら実際にオークションに出展されている物件です。中みてみると、あ、
 結構、日当たりがいいですね。間取りが2DK、広さが50平米あります。
 駅からも5分ほど、なかなかいい物件だと思うんですが、最低価格帯見てみると
 ご覧ください、1850万円です。周辺の同じような物件見ると大体2000万円ぐらいが
 相場だということですから安いんですよね。
ナレーター:渋谷から東急東横線で20分程度、この物件、従来の売り方でも十分、
 売れるという。なぜオークションの活用を選んだのか。
テロップ:すみしん不動産 堂前 修平さん
堂前:あの、売り物件は、あの、こういった人気のエリアでは非常に不足はして
 いますよね。お客様に、手前どもも選択されますし、あのいろんなメニューは
 ありますよ、と。
テロップ:物件が不足している 売り主に選択されるため
大浜:確実に何らかの形で売る力を持っていますよということを売り主に対しても
 アピールできる?
堂前:おっしゃる通りです。はい、そういうことです。
ナレーター:不動産会社同士で都心の好物件の争奪戦が始まり、売り主に選ばれる
 手法にとオークション参加を決めた。
テロップ:人気エリア 売却物件の不足
ナレーター:全国に支店を張り巡らす大手不動産会社。オークションの活用は、
 手探りの状況。
テロップ:オークションの活用は-
テロップ:ダイア建設 加治 洋一専務
大浜:値付けが完全に買い手に移るわけですよねこれっていうのは
加治:ああそうでしょうね
大浜:その辺の不安っていうのはない?
テロップ:新築はオークションに出さない
加治:いや、それはあくまで流通の話ですから新築の場合はなかなかそりゃあ
 ありえないー。
テロップ:藤和不動産流通サービス 岸房隆行常務 Q.転売が活性化するのか
大浜:転売のビジネスはもっと活性化するんだみたいな狙いってのは…
岸房:あります。
大浜:まだまだ足りないですか?
岸房:そうですね。ええ。もっともっとあるんじゃないでしょうかね。
テロップ:もっと増える


ブログファンの1人さま、初めまして?そして、あ、あ、ありがとうございますー!!!(感涙)
たぶん一字一句再現していただいてますよね。映像もへいちゃんの表情もイメージが沸きました。本当にありがとうございます。
各業者も注目し始めて、マザーズオークションは益々発展していきそうですね。

マザーズオークションとは関係ないですが、IDUさんには業務で本社に伺うことが多いです。
あそこは受付等に綺麗なお姉さんが多いので楽しみにしてます(笑)

うなさま、コメントありがとうございます。
>あそこは受付等に綺麗なお姉さんが多いので楽しみにしてます(笑)
そうなんですか。(笑) 受付に綺麗なお姉さんがいて、若い人がそれなりのポジションでバリバリやっている。元気のある会社の象徴ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。