スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスカレーターのトリビア

エスカレーターの乗り方にも東京と大阪には違いがあります。
東京は左側に立ち止まって、右側の人は歩いて上ります。
大阪はその逆です。
大阪に来たとき最初は戸惑いましたが、最近は体が覚えて自然に右側に乗るようになりました。

新大阪駅のエスカレーターは、東京からの出張組が多いせいか、左側に人が立ち止まってることが多いです。
また、京都は観光客が多いせいか、東京ルールと大阪ルールが入り乱れてエスカレーターによってバラバラですが、現地の人は意に介さずといった感じで乗ってます。

海外では大阪ルールが標準のようです。
昨年、会社の研修で香港に行きましたが、香港のエスカレーターも大阪ルール。
大阪支店の仲間が「ニューヨークもロンドンもみんな立つのは右。大阪がワールドスタンダードなんや」と得意そうに言ってました。(ちなみに、香港のエスカレーターは日本より速度が数段速く、油断すると体が置いてかれて後ろに倒れそうになりました。)
また、彼が言うには、大阪が右に立つようになったのは、阪急のエスカレーターで「急ぎの方に左側を空けてください」というアナウンスが流れていたからだそうです。
先日、日経新聞近畿版でも、同様の事が書いてありました。

ところで、先週のトリビアの泉で、「エスカレーターで片側に立ってもう片側を空けるのは間違い」というトリビアをやっていたそうです。(私は見ていませんが)
私はメーカーの人から聞いたので知っていたのですが、別に東京に納めるエスカレーターも、大阪に納めるエスカレーターも、特にどちらかに加重が偏ることを想定して設計を変えている訳ではないそうです。
(個人的には、そこまで想定して設計していた方がトリビアネタになったと思いますが・・・)
どちらかに加重が著しく偏るのは、設備にとって想定以上の負荷がかかっているわけですね。

先日、エスカレーターの真ん中に乗って、急いでいる私に道を空けてくれない人がいました。
「どこの地方から来た人だろう」と思ったのですが、もしかしたらトリビアを見た人なのかもしれませんね。

  今回の記事はいかがでしたか?よかったらクリックを! ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認

 関連記事:エレベーターのトリビア
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

海外でもあるんですね

トラックバックありがとうございます。
 
海外でも同じ事があるとは知りませんでした。大阪がワールドスタンダードなんて、びっくりです。
さらに阪急なんて。。。
すごい!

dyna5525さま、コメントありがとうございます。
これからも業界ネタのトリビア集めますので、ご期待下さい。よろしくお願いします。

大阪を感じる時

Nobも時々大阪に行きます。以前は、街の人々の関西弁を聞いて大阪を実感していましたが、最近は、エスカレーターで「ああ、ここは大阪だ」と思うことが多いです。右あけと左あけの分水嶺って、どの都市の辺りなんでしょうね。

思うこと

慣習で運営して、事故が発生すれば誰が悪いのでしょう。
今回テレビでも紹介され、サイトにも一応アピールしているので、設置ビル運営の管理責任という形になるのでしょうか?
「開発」の責任が軽いとはいいませんが、「運用」はどの業界も責任重大ですね。
技術面の制限と運用面にギャップがある一例でしょうけど、今後はエスカレータ利用時の目に留まるところに警告表示が張り付けられるところが増えるのではと、こっそり楽しみにしてたりします。
もちろん、回転扉の様に事故が発生してから対処という様なお粗末な展開にならない様願っているのですが。。

Nobさま、コメントありがとうございます。
私もいろんな地方で確認したわけではありませんのでわかりませんが、今後は気にしちゃいそうです。(笑)

Aさま、コメントありがとうございます。
名古屋の地下鉄等では、「エレベーターでは歩かないでください」というアナウンスが流れているそうですが、今後はそういうのが増えるかもしれませんね。
あと、管理責任という意味では、一般的に所有者は昇降機用の施設賠償責任保険に加入しますが、保険でカバーする以外に何か方法ないですかねぇ。

運用には、「改善」という宿命がつきまとうものです。
やはり使われ方を見て、その用途に合わせた機能を実装していく必要があると考えます。
それが、結果的に差別化として強みになる可能性もありますし。
なによりも、技術は用途に合わせて進化させていくものです。
エスカレータもマーケットインという視点で見てはどうか、と思います。

エスカレーターやエレベーターの機能で差別化を図るのは難しいと思います。なぜならこれら昇降機は、オーナーの資本関係か、ゼネコンとの取引関係か、設計事務所への作図協力といった利用者とまったく関係のない事情で機種の採用が決定されるからです。メーカーもそのことがわかっているので、下手な開発に力を注ぐくらいなら、コスト削減に力を注ぐと思われます。
すいません、私はメーカーの人間でも、エスカレーターを使用する商業施設の人間でもありませんので、これ以上のことはコメントできません。
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。