スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構造計算偽造 一連の報道からわかったこと

連日報道されている構造計算偽造の問題、たくさんのブロガーがこの事に感じる憤りを書いておられます。
私が今さら書き立てるのもおこがましいので、「他のブロガーさんとまったく同意」ということで省略します。

ところで、この件はいったい誰が補償するべきなのでしょうか?
基になるデータが偽造されていたのでは、宅建業法上の売主責任は問えないという意見があるようです。
姉歯に補償しろと言っても絶対そんな資力はありません。
資力があると思われるゼネコンが頼りでしたが、木村建設は早くも立ち行かなくなりました。
やっとの思いで買ったマイホームがトンデモナイ物件だった方々の気持ちを考えると、たいへん胸が痛みます。

ゼネコンの友人の話では、検査が「ザル」なのは珍しいことではないそうです。
ただ、構造計算が仮に間違って検査をスルーしても、ゼネコンは現場で「これじゃ鉄筋少ないだろ!」って経験上わかるそうです。
というより、建設業の認可を受けたゼネコンは、その間違いに気づかなければならない責任を負っているのだそうです。
だから、今回の件は、設計も検査も施工もみんな「確信犯だろう」とのことです。

今回の事件でわかったことをまとめると、
・確認検査はザルである。
・モラルと資力のない会社に頼むと万一の時に補償してくれない。

以上から私が感じたことは、
構造計算はプログラムを用いて行うため、悪気はなくても入力ミスすることはあり得るわけで、どうせ検査はスルーするので、ゼネコンが気づかなければ建物は完成してしまう可能性があります。
後になってそれが発覚して問題になったとき、資力のあるゼネコンが施工して、誠意のあるデベが売主でないと、後悔することになる可能性が大きいということです。
という意味で、「会社が大手かどうか」というのは、けっこう重要な要素なのかなと思いました。

これからもこの問題は進展していくでしょう。
新たな問題が発覚するかも知れません。
よりよい確認検査制度への見直しや被害を受けた方への補償を望みます。
ただ、メディアがいつものように必要以上に不安を煽るのだけはやめて欲しいです。
問題のない建物でさえ、自宅のヘアクラックを見つけて「構造計算書を確認しろ」と売主に迫る図が頭に浮かびます。
そして、「新たな補強リフォーム詐欺が発生」なんて絶対あってはならないことです!

  参考になりましたか? ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

構造計算書偽造

マンションやホテルの構造計算を担当した一級建築士が構造計算書を偽造したというニュースが大きく取り上げられています。震度5以上で倒壊の危険・・・とんでもない話ですね。

耐震数値は公表すべし

■販売広報には耐震計算した数値を載せるべく強制すること。通常あたかも地震対策をしてあるがごとく、柱の鉄筋がどうの、梁がどうの、パイルがどうの・・・しかしどこをどう調べても強度計算した数値は出てこない。 この数値を記載すると、より高い数値のマンション....

国交省、検査機関「イーホームズ」を立ち入り検査へ

国土交通省は24日、構造計算書の偽造を見逃した民間の指定確認検査機関「イーホームズ」(東京都新宿区)を立ち入り検査する。同社は、2003年2月から05年10月にかけて、姉歯事務所が構造計算を請け負ったマンションやホテルの建築確認を行った際、必要な検査を省

構造上の問題です!

昨日の話題の続き・・。我が家のマンションは大丈夫か?気になってしょうがないんですけど、我が家の販売会社のHPを見たら「姉歯設計事務所とは一切関与していない」と書かれていた。でもそれで「良かったぁ~」とホッとする購入者っているかしら?あくまでも氷山の一角に過

コメントの投稿

非公開コメント

TB有難うございます。
まさに「隠れた瑕疵」に該当するわけですから、売主の責任を問えないということは無いと思います。
ですが、証明できるかどうかは別として、ゼネコンもデベロッパーも確信犯だと思いますので、本当は「詐欺」といってもいいくらいです。

Precious Worksさま
コメントありがとうございます。
売主は故意に隠していたわけではないため、重要事項説明違反や瑕疵担保責任といった「宅建業法上の」問題ではなく、売主責任は「民法上の問題」と国土交通省がコメントしたようです。ここ数日で売主によって対応が違ってきていますが、どのような展開になるのか気にしたいと思ってます。

故意に隠していたらそれは詐欺であり、民事どころか刑事事件になります。
瑕疵担保責任は、たとえ売主がその瑕疵を知らないとしても負わなければならない「無過失責任」であり、民法上の責任です。
(ただし宅建業者は引渡しから2年以上(新築物件は品確法により10年)責任を負うことが定められています。)

民法上の責任ですか。どの法律によるかで責任の取り方が変わってくるんですね。不勉強であまり意識してませんでした。ありがとうございます。ところで、もし売主が故意に隠していたとしたら、それは補償とか建て直しとかで済む問題ではなく、市場から撤退して欲しいですね。

不動産屋の応対

最近、ウチのマンションでも張り紙が出ました。
「姉歯設計事務所とは関係ありません」
。。。知りたいのは、
「偽装」の可否
なのですが、この張り紙だと答えは半分で
もう半分は、偽装していない証拠として設計書などを公開して
「まっとうな商売してまっせ」
と堂々とした対応をしてくれることなのですが。。
以前の総会で、6階の人(10階建て)が
「部屋の壁に長さ5~6cm、幅1cmくらいの亀裂が入った」
とコメントがあったそうです。
素人だと何でもかんでも大騒ぎしそうですが、マンションでは亀裂が入るなんてことはよくある事なのでしょうか?
ちなみに今年で築4年。そろそろコンクリートは乾く頃合いのマンションですが。。

住民が知りたいのは「どこが設計したか」ではなく、「構造計算が問題ないか」ですよね。
大手であれば、自分たちで確認できる部隊を持っています。このような張り紙をしたり、「今後は民間の検査機関を使いません」といった根本的な対策になっていない発表をする会社は、「自分たちは能無しです」と発表しているようで不安です。しっかりと確認された方がいいと思います。
今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。