スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成約情報公開はこんな風になる

国土交通省が、不動産流通機構(レインズ)の成約価格情報公開に関する最終案をまとめたようです。
日刊不動産経済通信(11月17日号)の記事をまとめると、下記のようなシステムになりそうです。

・マンション、戸建てを選択する。
・都道府県から地域を絞り込む。
・検索条件は、間取りタイプ、築年数、駅からの距離
・アウトプットは、占有面積あるいは築年数別に成約価格をグラフ上に表示
・表示された成約価格をクリックすると、成約価格、占有面積、間取り、築年数、沿線など詳細情報を表示する。(ただし、データが10件以上ある場合に限る)
・表示する成約情報は、直近3ヶ月のものとし、直近3ヶ月の成約情報が100件以上ない場合は表示しない。
・地方圏域などについては、100件以上となるように地域をグルーピングする。
国交省では、今後システム設計に入り、来秋から施行運用し、2007年4月から本格運用していく方針。

だそうです。
どうでしょう。なかなか使えそうなシステムになりそうな気がします。
相場観を把握する観点から、当初想定していた直近6ヶ月の情報を3ヶ月にしたところや、ある程度のサンプル数が集まらないと表示しないといった考え方がありがたいと思います。
今まで相場といえば、不動産屋に調べてもらうか、自分で路線価から計算するしかなかったことを考えると、大きな飛躍だと思います。
ぜひ使い勝手のよいシステムになってほしいです。

全国4団体の「レインズ」のシステム統合や、一般向けサイト「不動産ジャパン」との一元化といった動きもあり、不動産業界もいろいろ動きそうですね。

  参考になりましたか? ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認

  関連記事:中古住宅の実勢価格、来秋からネットで公表
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。