スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1億円もの融資を受けた方法

早いもので、もう11月ですね。
(今年はいろんなことがありすぎて、月日がアッという間にすぎていってます。)
3連休は、家族でユニバーサル・スタジオに行ってきました。
日本一巨大なクリスマスツリーをはじめ、園内はもうクリスマスムードでした。
関西に行った真の目的は、10月末で退去した部屋の原状回復と募集の打合せをするためだったのですが。

さて、ブログの読者の方から、「物件を見つけた方法、1億もの融資を受けた方法を教えて欲しい」という質問をいただきました。
落ち着いたら、ゆっくりと経緯を書こうと思っていたのですが、落ち着く前に月日ばかりが経過してしまいました。

まず、「どのように1億円の融資を引っぱったか」についてですが・・・
結論から言いますと、「プレゼンで勝ち取った」ということでしょうか。

5月の記事で書きましたが、私は、いつ物件を見つけても行動が起こせるように、銀行へのプレゼン資料を予め準備していました。

・自分の経歴
・どういう仕事をしていて、どういう資格を持っているのか。
・個人の不動産賃貸業で活かせるスキル
・不動産投資に対する考え方
・現在保有の不動産、および運用状況
・新規物件購入の方針、購入後の事業方針
・現在の収入、資産状況 etc...

上記をまとめておき、購入に値する物件が見つかれば、その不動産に対する自分の分析と資料を添えて銀行に持ち込んだのです。

資産もコネもない人間が、フルローンに近い融資を引っぱるには、こちらから提案する事業性について認めてもらうしかありません。
そのために、融資の稟議書を書く側の立場になって考え、決裁してもらうために何を説明したらいいかという視点で、懸念材料を一つずつプレゼンの内容で潰していけばよいと考えました。

参考にしたのは、「3年で10億円の不動産を買った普通のサラリーマンに学べ・2」というお宝不動産セミナーDVDです。

Matsumura氏が実践されたことを参考に、自分のプレゼン資料を一から作り直しました。
この資料のおかげで、比較的スムーズに新たな銀行と取り引きが開始できたと思っています。

次は、物件の分析について書きたいと思います。

  今回の記事はいかがでしたか?よかったらクリックを! ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認

関連記事:銀行へのプレゼン資料
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。