スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪出張終了!

やっと梅雨が明けましたね!
週末は、外房にある友人の別荘に6家族で(!)お邪魔し、海水浴やバーベキュー等で夏の海を満喫し、夜は大人だけの歓談を楽しみました。リゾーティな別荘、羨ましいです・・・

さて、半年以上にわたる大阪出張の終了が決まりました。
お盆明けには、東京本社に出社します。
業務の引継ぎは順調に進んでいます。

あと、残っているのは、個人で購入する不動産の契約手続きです。
このために、今まで出張が長引いてきたと思えば、まぁ結果オーライですね・・・
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ビル経営管理士の試験対策法

連休中は、祇園祭を見るために家族が来てました。
しかし、あいにく大雨の中の山鉾巡行となり、散々な祇園祭でした。
おかげで、どうやら風邪をひいてしまったようです・・・

さて、ここ最近、「ビル経営管理士」を検索ワードに、このブログを訪問していただいてる方が多いようです。
今年のビル経営管理士試験の申込み締切は、8月1日ですね。
皆さん、受けようか、どうしようか、迷われているのかもしれませんね。

「プロパティマネージャー」の実力を証明する唯一の資格ですし、プロパティマネジメント業務が定着するに連れて注目される資格ではありますが、受験料は高い(31,500円)し、その割には試験対策の情報があまりにも少なすぎるし・・・というのが共通の気持ちではないでしょうか。

私も昨年同じ気持ちでしたので、昨年の受験後、このブログで、ビル経営管理士試験の情報を提供し、対策講座みたいなコンテンツを考えていたのですが、半年以上の大阪出張で、まったくそれどころではありませんでした・・・

せっかくですので、昨年の経験者として、参考意見を書かせていただきます。

まず、ブログ読者の方からもご質問をいただいてますが、「難しいですか?」
これは、受験者のバックグランドによって異なりますので、一概にはお答えできません。
知識・経験ゼロからはじめると、もちろん難しいです。
特に企画・立案業務は問題の意味すら分からないかもしれません。

試験は3科目ありますが、
「賃貸営業業務」は、宅建の知識があれば問題ないでしょう。
「管理運営業務」は、建物管理実務の経験があれば、かなり易しい水準だと思います。経験がない場合は、マンション管理士とセットで勉強するのが効果的でしょう。
一番特色があるのが、「企画・立案業務」ではないでしょうか。これは、収支計算等の経験がある方が望ましいです。しかし、出題形式にいくつかのパターンがあるので、過去問題をこなせば対応できます。あと、証券化やファンドに関する時事ネタに関心を持っておく必要があります。

勉強方法は、過去問題集がビーエムジェーのサイトから購入できるので、これをひたすら解くしかないと思います。私もこれしかしていません。

試験問題の難易度は低くありませんが、合格基準はビックリするくらい低かったのでご安心ください。
ビル経営管理士試験は、昨年から受験資格がなくなりました。
(財)日本ビルヂング経営センターを経営するため(?)、今は会員と資格者を増やしたい時期なのではないでしょうか。
受けたら受かる(?!)この時期がチャンスかもしれませんね。

  今回の記事はいかがでしたか?よかったらクリックを! ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ゼロ金利解除でどうなる、私の人生・・・

1ヶ月近くブログを更新できませんでした。

・半年続いた大阪出張に終止符を打つべく、仕上げにかかった1ヶ月。
・投資に値する収益物件に出会い、不動産屋と金融機関の対応に追われた1ヶ月。
・思わぬ家族のトラブルで、対応に追われた1ヶ月。
とにかく公私ともに忙しい1ヶ月で、空いた時間がとれませんでした。

不動産投資については、また落ち着いてから改めて記事を書きたいと思いますが、なんとか念願の1棟物マンションが購入できそうです。
融資を引っぱるのが想像以上にたいへんな物件でしたが、なんとか融資決定の回答がもらえました。
その条件が、21年返済の変動金利なのです・・・

ゼロ金利が解除された今、変動金利でローンを組むのは、最もリスクの高い行動に感じます。
大丈夫なのでしょうか・・・
一応、金利が6.0%に上昇しても、収支が赤字にならないシミュレーションはしています。
あとは、過去にも書いたように、資産インフレで借金の価値がどんどん小さくなっていくことを期待しています。(だから早く大きな借金がしたかった。)

また、ここ最近、複数の不動産ファンド会社から転職のお声をかけていただいています。
この業界も今年が正念場と見て、物件の数に比例して、どこも積極採用しています。
中田ヒデじゃないけど、私もそろそろ「自分探しの旅」に出ようか思い始めました。

不動産ファンドも、金利が上がり始めると、今まで通りにはいかなくなるでしょう。
運用成績が芳しくなくなると、時価総額の低い銘柄はM&Aの対象になるでしょうし、投資家保護のために金融庁も動き始め、見過ごされてきた利益相反等の問題も浮き彫りになってくると思います。

低金利のうちは、個人大家さんも不動産ファンドも比較的うまくいきました。
ゼロ金利が解除されたタイミングで、この両方に身を投じようとしているのですが、果たして、私の人生はどうなるんでしょうか・・・
情報をできる限り収集し、慎重に慎重を重ねて判断したいと思っています。

  応援お願いします! ⇒ このブログに1票 このブログの順位を確認

関連記事:積極的に借金をする理由

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日のおすすめ

プロフィール

トゥイーク

  • Author:トゥイーク
  • 居住地:東京
    職業:収益不動産の管理
    特技:スノーボード
    資格:
    ・不動産証券化マスター
    ・ビル経営管理士
    ・宅地建物取引主任者
    ・管理業務主任者
    ・マンション管理士
    ・フィナンシャルプランナー
    ・建築設備検査資格者
    ・特殊建築物調査資格者
    ・昇降機検査資格者
    ・消防設備検査資格者
    ・証券外務員(1種,2種)
    ・損害保険募集人資格
    ・生命保険販売資格
    ・変額保険販売資格
    ・ライフコンサルタント
     ほか
新しい記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別に読む
ランキング

ブログランキングに参加しています。いま何位か見てもらえると嬉しいです。
  ↓
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

リンク
コメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。